ババリウムの軌跡~ゲーム実況の豆知識~

youtubeでゲーム実況をしているババリウムが使っている機材・ソフトの紹介やハマっている事のレビューを書いていきます

検証!フロンティアの評判が悪い電源ユニットのパソコンを購入レビュー!

新しく性能が高いパソコンを検討した結果

コスパ面でフロンティアが優れていたのでパソコンを購入しました。

 

ネット上では電源ユニットや故障についての評判がイマイチと

言われていますが実際はどうなのか検証していきます。

 

フロンティアでパソコンを検討している方は

ぜひ購入時の参考にしてください。

 

この記事でわかること

  • 同スペックで値段比較するとフロンティアセールが安い
  • 850W ATX電源 80PLUS GOLDはうるさくない
  • 商品の状態とベンチマークスコア
  • 買ってよかった点・気になった点
  • ネット上の口コミ検証

 

 

タイトル:何目的でどんなスペックのパソコンを買ったか?

動画編集を快適にしたかったのでCPUとGPU性能を重視して

ゴールデンセールでGHシリーズを購入しました。

 

パーツ構成と他のメーカーとの価格差を見ていきましょう。

 

購入PC『FRGH670/WS127』のパーツ構成

  • Windows 11 Home 64bit版 [正規版]
  • インテル Core i7-12700F プロセッサー
  • 空冷CPUクーラー(サイドフロータイプ)
  • インテル H670 チップセット
  • 32GB (16GB x2) メモリ
  • 1TB M.2 NVMe SSD
  • NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
  • 850W ATX電源 80PLUS GOLD
  • 1年間センドバック保証

最新の12世代のCPUとRTX3070Tiで

3D制作やの動画編集にも耐える性能を選びました。

 

ケース側面がガラスで中が見えるようになっています。

内部の汚れ具合の確認がしやすいので嬉しいポイントになります。

 

他メーカーと比較するとフロンティアが最安

BTOパソコンメーカーはフロンティアだけではなく

他にもいろいろあります。

 

同じ性能の製品と比べて

どう違うのかを以下の表にまとめました。

 

  フロンティア
FRGH670/WS127
ドスパラ
GALLERIA XA7C-R37T
マウスコンピューター
G-Tune HN-Z-3070Ti
TSUKUMO(ツクモ)
G-GEAR GA7J-H214/ZB
パソコン工房
LEVEL-R769-127-UAX
サイコム
G-Master Spear Z690/D4
ストーム
PG-PF12T
パソコンショップセブン
ZEFT G27RH

PCワンズ
Z-i7/Z69/

3070Ti/S1000/

32G/MSI

アプライドネット
Harigane Gaming
OS Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版 Windows 11 Home 64bit版
CPU Core i7-12700F Core i7-12700 Core™ i7-11700K
(11世代CPU)
Core i7-12700K Core i7-12700 Core i7-12700 Core i7-12700 Core i7-12700 Core i7-12700KF Core i7-12700K
GPU RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti RTX 3070 Ti
メモリ 32GB (16GB x2) 16GB DDR4/8GBx2 32GB (16GB x2) 16GB DDR4/8GBx2 16GB DDR4/8GBx2 32GB (16GB x2) 32GB(16GBx2)
DDR5-4800
32GB (16GBx2枚)
Crucial DDR4-3200
16GBx2
DDR5-4800Mhz
32GB (16GB x2)
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD 1TB NVMe SSD 512GB SSD(NVMe)
2TB HDD
1TB WD BLUE SN570 1TB SSD/NVMe M.2 1TB M.2 PCI-E SSD NVMe SSD 1TB WD BLUE SN570 500GB (m.2) M.2 1TB NVMe SSD 1TB
電源 850W ATX電源 80PLUS GOLD 750W 静音電源 (80PLUS GOLD) 850W/AC【80PLUS® GOLD】 CWT製 GPS750S-T (定格750W)
【80PLUS GOLD認証】
800W [80PLUS GOLD認証] SilverStone SST-ST85F-GS V2
[850W/80PLUS Gold]
850W 80PLUS GOLD電源 750W 80PLUS Gold 電源 ATX850W 80PLUS GOLD 750W 80PLUS GOLD
保証期間 1年間センドバック保証 保証期間1年 1年間無償保証
24時間×365日電話サポート
保証期間1年 1年間無償保証 保証期間1年 1年間無償修理保証 初期不良期間2週間
無償修理期間1年間
保証期間1年間 3年保証標準装備 センドバックサービス
値段 254,800(税込) 269,980円(税込) 264,800円(税込)
セール価格
268,299(税込) 282,980円(税込) 313,790(税込) 290, 600円(税込) 274,780円(税込) 290,000円(税込) 312,800円(税込)

 

同性能で比べるとフロンティアが1万円~4万円程度

安く買えることがわかります。

 

私は安くなった分カスタマイズして性能アップしています。

■性能アップ内容

  • CPUグリスをナノダイヤモンドグリスへ変更
  • CPUクーラーを2枚ファン製品へ変更
  • ストレージを500GB Samsung 980 PROへ変更

あとで変更が難しいパーツのみを良いものへ変更しています。

 

ストレージ追加などはいつでもできますので

Cドライブのアクセス高速化をメインに変更しました。

 

購入したパソコンを開封レビュー

実際にパソコンが届いた状態と内部の配線などが

キレイにされているかを確認していきましょう。

 

パソコンが到着までは1週間程度

5月9日にパソコンを注文するときは

5月23日出荷予定となっていました。

 

数日後、フロンティアから確認メールが届き

出荷予定日が5月18日になるとの連絡がありました。

 

さらに数日後、5月16日に出荷連絡のメールが届きました。

当初の予定では2週間でしたが1週間で届いたので良かったです。

 

今回はセール品を購入したのでほとんどの内部パーツが

固定だったので早くなったのかと思われます。

 

開封!排熱性能が良く配線もキレイで安心

 

まず、段ボールを開けると取り出す前の注意事項が書かれています。

慌てずに指示に従ってセッティングしていきましょう。

 

 

パソコン内部のグラフィックボードを守るために緩衝材がついています。

これを外してからパソコンを起動するよう注意書きがありました

 

  • パソコン本体以外の内容物は以下の通りです。
  • Windows 11のCD
  • CPUグリス
  • ユーザーズマニュアル
  • 保証書
  • キャンペーン冊子
  • パソコン下取り用紙
  • 電源ケーブル

 

最初のパソコン起動方法がユーザーズマニュアルに載っているので

必ず確認しながら作業していきましょう。

 

CPUグリスはグリスが乾いてきたら塗り直しが必要なので

保管必須です。

 

 

今回パソコンの下取りサービスを利用したので

発送伝票と発送方法の冊子がついてきました。

いらないパソコンを送ると1000円で買い取ってもらえるサービスです。

 

 

パソコン正面はFRONTIERのロゴが貼られています。

全面はメッシュのカバーになっていて通気性が良くなっています。

 

 

本体上部にはマグネット式のフィルターがついています。

ホコリなどのゴミが内部に入らないように取り付けられています。

 

マグネット式なので取り外しも簡単で

取り外すと以下のようになります。

 

 

上部も風通しが良くなっているので

パソコン内部が熱くなるのを防いでくれています。

 

 

本体後面には映像出力のHDMIケーブルの接続方法が書かれています。

注意書きを取ると以下のようになっています。

 

 

HDMIケーブルを差してはいけない部分には

接続禁止のテープが貼ってあります。

 

ライトニングゲーミングのUSBポートが搭載されているので

ゲーミングマウスなどの反応をより発揮できるようになっています。

 

本体右側のファン部分のメッシュも大きく空いているので通気性が良いです。

 

本体右側面にはシリアルナンバーのシールが貼られています。

カバーを開けると配線が隠れています。

配線はきれいにまとめられていました。
本体右下に設置されているのがネット上で評価の低い850W電源です。

 

起動して動作音を録画しましたので後ほど紹介します。

 

本体左側面は強化ガラスのカバーで内部が確認できます。

カバーは後面のネジを外すことで簡単に取り外しが可能です。

 

内部パーツはシンプルにまとまっていて

空間も広いので熱がこもることは無さそうです。

 

内部にホコリがたまっても簡単に掃除ができるので

お手入れがしやすいケースです。

 

パソコンを起動し使用感をチェック

パソコンへ電源ケーブルを取り付けモニターと接続します。

無線LANは非搭載なのでLANケーブルで接続が必要です。

 

電源ユニットの音と使用感をチェックしていきます。

 

電源ユニットはとても静か

私はうるさいといわれている電源を選んで購入してみました。

 

本体を起動し10分のゲーム実況動画を出力してみましたが

とても静かに動作しています。

 

youtu.be

外を走る車のがうるさいくらいでした。

 

口コミでは『850W ATX電源 80PLUS GOLD』がうるさいと

話題に上がっていますが私が購入したパソコンでは問題なしです。

 

試しにフォートナイトを遊んでみましたが

ファンが動き出したな~ぐらいで爆音にはなっていません。

 

ベンチマークテスト結果も良い

パソコンの性能を測定する

ベンチマークテスト結果は以下の通りでした。

 

■スペック

【 CPU 】 インテル Core i7-12700F プロセッサー
【 CPUグリス 】 AINEX JP-DX1 ナノダイヤモンドグリス
【 メモリ 】 32GB(16GB×2) PC4-25600(DDR4-3200) DDR4 SDRAM
【 ストレージ(1st) 】 【NVMe SSD PCIe4.0】500GB Samsung 980 PRO
            (読出6900MB/s,書込5000MB/s,TLC)
【 グラフィック 】 NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti 8GB LHR
【 マザーボード 】 【ASRock製】インテル(R) H670 チップセット搭載マザーボード
【 電源ユニット 】 850W ATX電源 80PLUS GOLD (日本製コンデンサ仕様)

GFX bench ベンチマークテスト結果

ベンチマークチェックツールの『GFX bench』で

パソコンの性能をチェックしてみました。

高負荷でのテストでも119fpsと良い数値が出ています。

 

ファイナルファンタジーXIV: ベンチマークテスト結果

テスト結果は以下の通りです。

SCORE: 24252
平均フレームレート: 173.6776
最低フレームレート: 75
評価: 非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。
お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

 

性能は十分ですね。

 

買った良かった3つのポイント

ゲーム実況動画を編集するために購入しましたが

とても満足して使用できています。

 

良かった点は3つあります。

 

USBポートが多くて便利

 

今回購入したパソコンには計9個のUSBポートがついています。

 

パソコンの上部に2個と後面部に7個あるので

後面では届かない場所に機材を置いているので接続に便利でした。

 

PS2接続や音声ラインなどの端子もついているので

幅広い機器を接続できるようになっています。

 

電源ボタンも椅子に座りながら押しやすい位置にあるので便利です。

 

動作音も静かで気にならない

 

ノートパソコンを使用して作業をしているときは

負荷がかかる作業をするとファンの音が大きくなっていましたが

フロンティアのパソコンは静かに作業ができています

 

動画編集時のCPU温度が27度~30度程度
GPUが47度~53度程度で動作しています。

 

前のパソコンではCPU温度が95度で動作が遅くなっていましたので

とても快適になりました。

 

見た目がおしゃれ

今回はフロンティアで販売されているモデルで

ミドルクラスのGHシリーズを購入しました。

 

GHシリーズから左側面が強化ガラスになり内部が見えるようになっています。

 

今後、内部パーツをカスタマイズして光らせたりもできるので

長い目で見ても楽しめるパソコンになっています。

 

デスクトップパソコンなので不足している部分は

追加できることが大きなメリットですね。

 

2つの買って気になった点

パソコンが到着してから気になった点が2つありました。

 

無線LANに対応していない

有線LANのみに対応していて無線LAN(Wifi)が使用できません。

 

なので、購入時にWindows 11を選んでいた場合

セットアップ時にインターネットに接続しないと起動できないので苦労しました。

 

調べてみるとマウスコンピューターなどでも販売されている

ゲーミングPCは無線LAN非対応のものが多いようです。

 

LANケーブルをパソコンの設置場所まで伸ばせない方は注意してください。

有線で接続できない場合はUSB接続の無線LANなどを取り付けましょう。

 

本体が大きいのでスペースを取る

購入前に確認しておくべきでしたが

パソコン本体が意外と大きいです。

 

購入前にケースの大きさを確認しておくべきでした。

 

■ゲーミングパソコンの大きさ一覧

  • GBシリーズ:幅(W):約239mm x 高さ(H):約510mm x 奥行(D):約513mm
  • GHシリーズ:幅(W):約200mm x 高さ(H):約465mm x 奥行(D):約470mm
  • GAシリーズ:幅:約200mm x 高さ:約423mm x 奥行:約485mm

ゲーミングPC詳細

 

ネット上の悪い口コミ検証

ネットの悪い口コミを検証してみました。

 

スリープモードでLEDランプが光ってまぶしい

私が購入したGHシリーズのパソコンは

スリープにするとライト類はすべて消えました。

 

ファンの音が気になる

ベンチマークテストでCPU負荷が97%になっても

ファンの音は爆音にはなりませんでした。

 

少し音がする程度なので問題ありませんでした。

 

フロンティアのパソコン購入レビューまとめ

セール品がほかのメーカーより安く買えたので

悪評のある電源ユニット搭載のパソコンでしたが購入してみました。

 

電源については負荷をかけても静かで全く気になりません。

価格が安い分、自分好みにカスタマイズできて満足でした。

 

無線LANに対応していない点と本体サイズについては

購入前に知っておきたかったですが些細なことで問題なかったです。

 

セール品の場合安く性能が良いモデルを購入できるので

パソコンを探している方は在庫だけでも確認しておいてください。

 

私は購入した次の日には在庫がなくなっていました。

 

フロンティアでは週替わりセールと月替わりセールが開催されています。

 

ずっとセールをチェックしていますが

週替わりセールでお得になることが多いです。

フロンティアの週替わりセール

フロンティアの月替わりセール