ババリウムの軌跡~ゲーム実況の豆知識~

youtubeでゲーム実況をしているババリウムが使っている機材・ソフトの紹介やハマっている事のレビューを書いていきます

【買い方次第で大満足】自宅で酸っぱくない美味しいコーヒーを飲むための2つのポイント

 f:id:babariumusisan:20210623232106p:plain

家で飲むコーヒーは酸っぱくて美味しくない!

コーヒーに対してこんな感想はありませんか?

 

確かに家で手軽に飲むインスタントコーヒーやスーパーやチェーン店で

買えるコーヒーを家で飲んでも酸っぱくて美味しくないものがありますね。

 

私もコーヒーを飲み始めた頃は酸っぱいのが当たり前だと思っていました。

 

そんな酸っぱいコーヒーの常識を変えたい人には

焙煎後3日程度経過したコーヒー豆をおススメします。

 

というのも酸っぱいコーヒーというのはコーヒー豆を焙煎してから

時間が経ち過ぎて酸化してしまったものが原因となっているからです。

 

今回はイヤな酸味が無いコーヒー豆を手に入れる方法を紹介していきます。

お店で飲むような美味しいコーヒーを自宅で手軽に飲みたい方は

是非最後まで見ていってください。

嫌な酸っぱさがないコーヒーを飲むための2つのポイント

f:id:babariumusisan:20210623232327j:plain

 

まず最初に嫌な酸味が無いコーヒー豆を手に入れるポイントは

以下の2点です。

  • 焙煎してから日が経っていないコーヒー豆を買う
  • 粉ではなくコーヒー豆で買う

では一つずつ解説していきます。

 

焙煎してから日が経っていないコーヒー豆を買う

f:id:babariumusisan:20210623232959j:plain

チェーン店やスーパーで購入できるコーヒー豆はタイミングよく購入出来れば

良いのですが大体は焙煎してから何日経ったか分からない状態です。

 

コーヒー豆が美味しく飲めるピークはだいたい3日後といわれています。

これはコーヒ豆の種類や焙煎度にもよりますが

平均すると3日目ぐらいがちょうどおいしいです。

 

そこから美味しく飲める限界がだいたい1か月程度といわれています。

※豆の種類焙煎度やエイジングプロセスによります

 

家でも美味しいコーヒーが飲みたい方は

焙煎日が書かれているコーヒー豆を購入するようにしましょう。

 

粉ではなくコーヒー豆で買う

f:id:babariumusisan:20210623232940j:plain

 

コーヒーは出来ればコーヒー豆で買って

飲む前に見コーヒーミルで挽いて飲んでください。

 

というのも先ほども説明した通り

コーヒーは酸化すると酸っぱくなってしまいます。

 

コーヒーを粉の状態で保管すると

空気に触れる面積が増えてしまい酸化が進みやすくなります。

 

なのでちょっとめんどくさいですがコーヒー豆で買うことをおススメします。

 

f:id:babariumusisan:20201124231617j:plain

 

最近では100均でもコーヒーミルが購入できるので最初は手軽に始めて

慣れてきたらカリタなどの有名ブランドのコーヒーミルを購入するのもアリです。

 

ちなみに私が使っているのは以下の手動ミルです。

www.babariumu.net

 

嫌な酸味が無いコーヒー豆の探し方

f:id:babariumusisan:20210624232337j:plain

 

では、さっそく嫌な酸味がないコーヒー豆の手に入れ方を紹介していきます。

  • 注文後焙煎してくれるコーヒーロースターを探す
  • 自分で焙煎する

まずは注文後、焙煎してくれるコーヒー豆店から説明していきます。

注文後焙煎してくれるコーヒーロースターを探す

f:id:babariumusisan:20210624232500j:plain

大型のチェーン店などではショーケースに入ったコーヒー豆を

袋に入れて販売されます。

 

実店舗で購入したいのであれば小さなコーヒ店で

口コミや商品情報で焙煎したてかどうかを確認しないといけません。

 

これもなかなか手がかかるので一番簡単なのがネットショップです。

 

ネットショップで購入

f:id:babariumusisan:20210624232844j:plain

ネットショップの場合、注文後焙煎と書かれているショップで購入すると

焙煎後のコーヒー豆を手に入れることが出来ます。

 

ただし、注文後焙煎と書いているサイトでも微妙なコーヒー豆が

送ってこられる場合もあります。

 

そこで、コーヒー豆のパッケージ裏などに書かれている

食品表示ラベルに焙煎日が記載されているお店を選びましょう。

 

こうすることでネットショップで美味しいコーヒー豆を購入することが出来ます。

 

珈琲きゃろっとは焙煎後スグに届けてくれるので美味しいです。

www.babariumu.net

自分で焙煎する

f:id:babariumusisan:20210623233103j:plain

 

一番間違いが無いのが自分でコーヒーの生豆を購入して焙煎する方法です。

 

コーヒー豆の焙煎!

難しいのではないか?

 

と思われる方もいるかもしれませんが

2~3回やってみると意外と出来たりします。

 

自分で焙煎するメリットは美味しいコーヒーを飲む以外にも

  • 安価でコーヒーが飲める
  • 自分好みの焙煎で味が決められる
  • いろんな産地のコーヒー豆が楽しめる

というメリットがあります。

 

では、一つずつ解説していきます。

 

安価でコーヒーが飲める

f:id:babariumusisan:20210624232952j:plain

コーヒーの生豆は1kgでだいたい1200円程度で買えたりします。

(コロンビアスプレモ・キリマンジャロなどの一般的な豆)

焙煎すると20%ぐらいは生豆の水分がなくなるので減ってしまい。

 

だいたい800gで1200円となります。

100gあたり150円ですね。

 

有名なネットショップの焙煎後のコーヒー豆などであれば

100g500円で販売されていたりします。

 

取り扱っているコーヒー豆の種類が違うというのもありますが

酸っぱくなくて普通においしいコーヒーで良ければ自分で焙煎する方が安いです。

 

コーヒーを淹れる場合

コーヒー豆15gでコーヒー150cc~170ccぐらいが抽出できます。

 

コーヒー豆100gで1.5リットル~1.7リットルのコーヒーが抽出出来て150円です。

スーパーで買うより美味しくてそこまで値段が変わらないのは魅力的です。

※ただし、焙煎時のガス代・抽出時のフィルター代は別途かかります。

 

自分好みの焙煎で味が決められる

f:id:babariumusisan:20210623233125j:plain

 

コーヒーの味を決めるのは主に以下の3つです。

  • コーヒー豆の産地
  • コーヒー豆の精製処理方法
  • 焙煎度合い

 コーヒー豆の産地と精製方法については

コーヒー生豆を売っているサイトの説明を見て判断するしかないです。

 

焙煎度合いを変えることで以下のような特徴が出ます。

  • 焙煎が浅い:酸味が強く苦みが弱い
  • 焙煎が中ぐらい:酸味と苦みのバランスが良い
  • 焙煎が深い:酸味がほとんどなく苦みが強い

簡単に説明するとこのようになります。

ここで言う酸味は酸っぱいというよりは果実のような酸味とか渋みみたいなものです。

 

浅い焙煎はスペシャリティコーヒーなどでよく使われる焙煎度合いになっていて

レモンティーのような口当たりになったりするものなどがあります。

 

有名なブルーボトルコーヒーも浅煎りが美味しいですね。

 

最初は中深煎りなどの一般的な焙煎度のコーヒーにしてみて

そこから自分好みの焙煎度合いに変えていくのがおススメです。

 

 自宅で酸っぱくない美味しいコーヒーを飲むための2つのポイントまとめ

以上のように自宅で酸っぱくないコーヒーを飲むためには

  • 焙煎してから日が経っていないコーヒー豆を買う
  • 粉ではなくコーヒー豆で買う

という2つのポイントを守ればだれでも美味しいコーヒーを味わうことが出来ます。

 

コーヒー豆の焙煎についても紹介しましたが

ハードルが高いと感じる方はネットショップで焙煎日が分かるコーヒー豆を購入してみて下さい。